二人目も通っています。

1人目がもうすぐ3歳になります。
結婚して6年。なかなか子供が出来なかったため そろそろ欲しいから病院に行ってみようと夫婦で話し合い通い始 めました。最初は いろいろな検査から始まり タイミング法でと半年通いましたが なかなか授かることが出来ず インターネットで 県内で不妊治療に力を 入れている病院を調べ 口コミなども調べ 病院を車でどんな感じかを 何ヵ所か見に行き 自宅から 20分から30分のところに決め 通い始めました。
不妊治療の病院に 通い始めステップの早さ 確実にこの日に来てくださいと。
やはり治療を優先させたいならと言うことも一番に言われました。
そういうこともあり フルタイムで働いていた仕事も 旦那との話し合いや会社との話し合いで パートで週に数日働くことにしました。
今までは そんなことを考えたこともなかった私ですが 私も今一番大事なことを優先してみようと思いました。

不妊治療案内ナビ
そして通い始めて4ヶ月で妊娠することが出来ました。
そして 今 2人目をと思い 同じところに通っています。
検査も最初からで またまた痛い検査などもしましたが 今は今出来ることを一生懸命頑張って毎日生活しています。
本当に つらい気持ちになることも何度もありましたが あのタイミングで病院に行き始めてよかったなと思いますし これからも 様々な気持ちになることもあると思いますが 先生を信頼し 旦那とたくさん話し合い 家族を大切にし 頑張って行こうと思います。

男性の妊活は精子の質を高める事

妊娠しやすい体を作っていくためには女性がしなければいけないと思いがちですが、妊娠出来ない理由は男性に原因がある可能性も十分にあります。そのため男性も積極的に妊活をしていく必要があります。

妊娠出来ない時に男性に原因があるとすれば精子に問題がある可能性があります。若い頃は妊娠に繋がりやすい元気な精子を作る事が出来ますが、年齢を重ねて くると精子の質がだんだん落ちてきてしまいます。特に35歳を過ぎた辺りからは急激に精子の質が落ちてくると言われています。そのため35歳を過ぎたら精 子の質を良くする亜鉛を摂取する事が大切になってきます。亜鉛は牡蠣の多く含まれているので牡蠣を食べるようにするといいでしょう。また亜鉛のサプリメン トもあるので手軽に摂取したいという人はサプリメントで摂取するといいでしょう。

精子の質が落ちてしまうのは加齢以外でも仕事のストレスや男性ホルモンの減少などが原因になってしまう事も考えられます。特にストレスを溜め過ぎてしまう とEDの症状も出てしまう事があって性交渉もうまく出来なくなってしまいます。性交渉がうまく出来なくなってしまうと当然妊娠する事も出来ないのでストレ スは溜めないようにしましょう。

不妊治療専門の病院に転院するまで

30代後半に結婚し1年経たないくらいで不妊治療に通い始めました。最初は近くの不妊治療もしているという産婦人科に通いました。産科も婦人科もしている 病院だったので妊婦さんや新生児を連れた家族と一緒になることが多く辛かったです。特に生理が来た後に病院で一緒になると生理が来ただけでもこちらは地獄 に突き落とされた気分でいるのにまさに泣きっ面に蜂で重ねて辛くなっていました。こちらの病院ではタイミングを合わせるだけでした。

内診で排卵しそうな日 を見計らってもらい注射を射ちその日に夫婦生活をもつというものです。なかなか妊娠に繋がらないので卵管造影を行いました。卵管造影は生理痛の何倍も痛 かったです。後に分かったことですがこの時に使った造影剤が油性のものということで、卵管に後々残るから良くないということが次に行く病院で判明しまし た。産科で妊婦さんと一緒になるのが辛いことや、なかなか妊娠しないことで不妊治療専門の病院に転院することにしました。

今思えば出来るだけ早く転院すれ ば、もっと言えば最初から不妊治療専門の病院に行くべきだったなあと思います。妊婦さんと一緒になるストレスもありませんし、卵管造影を2回も行う必要も なかったし、年齢が少しでも若い方が可能性が広がるからです。今から病院に通おうかと思う方は最初から不妊治療専門の病院に行かれることをお勧めしたいで す。私は今、不妊治療専門の病院に転院して頑張っています。人工授精からのチャレンジを始めています。

私達夫婦の妊活体験談。

私は結婚して4年4ヶ月の30歳の主婦です。結婚当初、私も、旦那さんも「いつか子供が出来たらいいねぇ」と思っていましたので、結婚しても2人の生活を 楽しんでいました。

いつも笑いの耐えない生活で、毎日が幸せだったので、2人の生活に何の不満もありませんでした。そんな私達が妊活を意識し始めたのは、 今から2年半まえです。私達の行った妊活方法は「2人の気持ちが一緒の時に仲良し(避妊具なし)をする!」という方法です。まずは相手の事を1番に考えて いました。

体調面や、気持ちの面を考えていましたし、妊活によって、旦那さんにプレッシャーをかけたり、重荷に感じてほしくなかったからです。ですのでお 互いに、自分だけの気持ちを押し通すというような事はけっしてしませんでした。私も旦那さんも、私のだいたいの排卵日を把握していましたので、今、思い返 してみると、排卵日付近は自然と仲良しの回数が多かったと思います。

このような、2人のペースで無理なく妊活をしていたところ、妊娠している事が分かりま した。私は現在妊娠9ヶ月を迎えることが出来ました。妊活を通して改めて「妊娠する事、順調に育つ事は当たり前の事ではなく、全てが奇跡なんだな」と思い ました。この奇跡と、いつも優しく支えてくるた旦那さんに感謝の気持ちを忘れずに、生活していきたいです。